Googleドメイン取得

グーグルでドメインが取得できるようになったので、利用してみました。

今までは、Who is情報のセキュリィ保護の観点で、日本のドメイン会社を利用していたのですが、グーグルドメインなら、それが無料で使えます!

  • Who is情報の個人情報が公開されない機能が無料で使える
  • ドル支払いが可能

一度、アカウントを作ってから、そのなかで、shopifyやブルーホストなどにリンクさせることができます。しかし、ブルーホストの場合は、グーグルの連携機能から接続すると、月額費用が高いプランでなってしまうので、別で契約したほうが安いです。

1)希望ドメインを入力して、カートに入れる

Googleドメイン取得方法

右のショッピングカートボタンを押して、カートに入れます。

ドメインの種類(comやnet)などによって値段が変わります。

私の取得したドメインは、費用が1年12ドルで、2年以上にしても特別割引はなかったので、1年のみにました。

2)プライバシーの保護(Who is 情報)の設定をオンにする

Who is情報とは、ドメインの所有者情報のことで、通常プライバシー設定をしないと、所有者の名前や住所などが、インターネット上に公開されてしまいます。これは、企業であれば問題ないですが、ブログなどの個人所有でドメインを購入する場合は、プライバシー設定はしておく方がGOOD!

2)プライバシーの保護(Who is 情報)の設定をオンにする

アメリカではドメイン取得会社によっては、従来はこのプライバシー保護機能は有料であることがほとんどでした!(月$10ほど)ですが、Googleドメインの場合は、無料で使えることになりました!

プライバシー保護が有効です
連絡先情報は一般に公開されません。個人情報の保護と迷惑メールの防止のため、WHOIS ディレクトリで公開されるドメインの代替の連絡先情報をサードパーティのプロバイダが無償で提供しています。サードパーティ プロバイダの利用規約をご覧ください。

3)グーグルワークスペースの設定(私はしない)

Google workspaceは有料で使えるメールやストレージのサービスです。

取得したドメインをつかってメールアドレスを作る場合は、この方法もありますが、費用がかかるので、私はつかいません。

取得したドメインをレンタルサーバーに接続して、そちらでメールアドレスを取得すれば、月額の費用はかからないからです。

4)情報の登録とクレジットカードでの支払い

グーグルドメイン クレジットカードでの支払い

5)メールアドレスの確認して設定完了

メールアドレスを確認したら、はれてドメイン取得完了です!