WordPressというブログは二種類あるって話




先日、友人から「ブログ始めたいんだけどぉ~」との相談。

WordPressっていうやつやりたいのぉ~!なにかわかんないから教えて」

っていうのです。

 

どこで覚えたのか、その言葉。。

WordPressというブログは二種類あるんです。

本気で勉強して取り組むつもりならいいけど、気軽にやるならほかのサービスのほうがいいです!

 

WordPressというブログは二種類ある

 

種類1)自分でインストールタイプのWordpress

→自分でカスタマイズできるオープンソースのCMSのこと。通常はこちらを指す。

多少のプログラミングセンスを持っていて、サーバーを自分でレンタルできる人むけ。

パソコを開くのも苦手なタイプには、まず無理と思ってほしい。

 

種類2)Wordpress.comでブログサービスを借りて作る

→こちらは初心者でも、まだできる可能性あり。

ブログのアドレスは、 自分のサイトID.wordpress.com というちょっと長いスタイルになるけど、基本的に無料。

サーバーを借りる必要がなく、すぐにブログやサイトを作成できる

 

初心者にWordpress.comでのブログ作成をおすすめしない理由

 

理由1)設定画面が難しい

WordPressは、独自の設定ページがあるのですが、その表記は、慣れないと難しい。

テンプレートを選んで、サイトのデザインを自由に変えることができるが、カスタマイズ性が強い側面があるゆえに、そのテーマのサンプルのような状態に持っていくまでの設定が多い。

特にパソコン苦手の女子は、「なんで最初から、サンプルのようになってないの?」と、行き詰ってしまうことが多い。

プログラミングのセンスを多少持ち合わせている人でないと、動的にサイトが生成されているという感覚はよくわかんないのだ。

 

理由2)無料で使用できるサービスに制限がある

無料で使用できる容量は、3Gまで。今どきiPhoneの写真でも一枚あたり3M以上するのだから、この容量、ちょっと少ない。長期で写真と記事をアップしようと思っていたら、すぐに有料にグレードアップしなければいけなくなる。

 

また、Google Adsenseなど収益化したいものが無料プランでは使えない。Wordpressをやりたい!という言葉を聞くと、やはり「収益化」が目標であることが多いので、これでは意味がない。

 

本格的にカスタマイズした人は、年間で費用を払うより、自分でサーバーをレンタルしたほうが安い。

などなど

 

自分がどんなブログを作りたいのか、それにかける時間をどれくらい使えるか、考えてサービスを開始するのがおすすめ。

無料で作成できるので、ブログの数に制限はありませんが、更新をあきらめてしまったらもったいない。責任をもって運用しましょう!

 

特定のテーマでつくるのか、自分がアイドルなブログにするのか、ベースの設定もポイントです。