何もしていないのに!500 Internal Server Errorが出て、全サイトダウンしてしまった対策

「500 Internal Server Error」というエラー

なにも更新という更新はしていないのに、突然「500 Internal Server Error」が出て、Xサーバーで管理していた全サイトがダウンしてしまい、復旧させた件の覚書きです。

「BackWPup」というバックアッププラグインを使っているかたは、特に注意!

まずサーバーのメンテナンスを確認

まずサーバーエラーが出たら最初にすることは、「一時的なメンテナンス」ではないかチェック。

直近でメンテナンスがありましたが、Jetpackの読み込みエラーメールがきたのは該当時間がはずれている。

…どうやらメンテナンスでは無い。

トラブルページを確認

次に、よくあるお問い合わせを確認します。

公式サイトの「500 Internal Server Error」というエラーが表示されてホームページが見られません。」というところ。

プログラム自体へのアクセスは行えているが、実行ができない(処理が完了しない)場合に発生するエラーです。
サーバーパネル「ログファイル」よりエラーログをダウンロードし、エラー内容をご確認ください。

とのことでまず、エラーログをダウンロードしました。

ダブルクリックでは開かないので、「右クリック→このアプリケーションで開く→テキストエディタで開く」です。

なにやら、わからないコードがずらずら〜っと。全ドメインにエラーが出てしまっています。

私のエラーログ例:

PHP Fatal error: Call to undefined function post_class() in〜

error reading data from FastCGI server〜

の羅列がならんでいるので、よくある質問をみると、プログラムの記述内容(CGI/PHPのソースコード)に誤りがあるということなのがわかります。

CGI、PHPへのアクセスに際して「syntax error」「Call to undefined function ******()」「failed to open stream」などのエラーが発生している場合、ご利用のプログラムにおける記述上のミスや必要ファイルの不足、PHPバージョンの相違等によりエラーが発生している可能性が考えられます。

だからといってどうすればいいかわからないので、Xサーバーのお問い合わせにメールしてみるも、日本は深夜なので連絡がない。

PHPのアップデートをしてみた

ほかのサイトを読みあさって原因を探したところ、PHPのアップデートでなおったという声があったので、バージョンをアップしてみた。

でも治らない。

もともとメインのサイトは最新のPHPにアップデートになっていたので、最初から該当しなかった。

とりあえずバックアップ

とりあえず、色々さわってしまう前に、サイトのデータのバックアップをしておくのが懸命と判断。

FTPソフトをインストールし、一番大事なドメインのデータからダウンロードしようとしてみたら…

なんか時間がものすごくかかる…

おかしい。。あれ、1サイトの大きさが、200GB?!!!!!!

重すぎる・・・

ということでピンときたのが、

「BackWPup」というバックアッププラグインの存在。

これが悪さの根源でした。

思い返すとバックアップ設定時間が、深夜3時。

ページがダウンしたのは3時20分頃なので、何も更新はしていなくても、wordpress内ではこのプログラムが動いていたんですね。

BackWPupのバックアップを消す

BackWPupを設定した際、同一サーバー内にデータを残すことは気づいてて、一定数以上は上書きされて保存されると思い込んでいたのですが、実際はそうではなかったのかも。1ヶ月くらいプラグインを有効にしていたので、蓄積されたのは相当なデータ量になります。サーバーもパンクしますね。

そのため、重くなりすぎたBackWPupのバックアップを消すことに。

まず、プラグインをとめます。

Xサーバーのファイルマネージャにログイン。

500サーバーエラーになって、ログインページにもいけないので、

サーバーのブラウザページから、ファイルを消します。

/public_html/wp-content/plugins/のなかにある、backwpupというフォルダを

削除するか、いきなりは怖い場合はbackwpup123などの名前を変更にして、使えないようにします。

「500 Internal Server Error」というエラー

そして、backwpupのデフォルトの保存先になっていた「/wp-content/uploads」のフォルダの中にある、

wpではじまる3つのファイルを削除。

「500 Internal Server Error」というエラー

そうすると、全サイトが復旧しました〜!!!!

今回のエラーの反省

エラーが出た時、とくになにもしていなかったので、サーバーのせいかと思い1日近く放置してしまいました。

でも、原因は、「BackWPup」というバックアッププラグインの設定の問題でした。

デフォルト設定のまま、サーバー内にバックアップを保存するのは、サーバーに負荷がかかって、

今回のように「ひとつのサイトのプラグインのせいで、全サイト停止」なんてことも。

サーバーがふっとんだ時に意味がないですし、外部バックアップにできるものに変更しようと思います。

先に解決できましたが、あとからXサーバーさんからお返事もいただきました。

今回のようなケースでは「キャッシュプラグイン」や
「バックアッププラグイン」が原因となっている場合がございます。

キャッシュプラグインのキャッシュデータ、
あるいはバックアップデータが肥大化することにより
処理が遅くなる、あるいは完全に停止してしまうというものでございます。

特に『W3 Total Cache』『BackWPup』などのプラグインは
データの肥大化によるトラブルが起こりやすいようですので
参考にしていただければと存じます。

とのこと。

同じ症状で悩まれている方は、参考にしてみてください。

2 COMMENTS

とも

この記事のお蔭で、助かりました!
本当にありがとうございました(涙)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です